昔からの定番のタイプ

昔からある定番の白髪染めと言えば、やっぱり1液と2液を混ぜて作るタイプの白髪染めではないでしょうか?

これら2種類の液を混ぜて作るタイプの白髪染めというのは、あらかじめ2種類の液を混ぜて作っておくのではなく、白髪染めをする直前に薬剤を混ぜて化学反応を起こして白髪を染めることになります。

直前に混ぜることで化学反応を起こすという事は、一度作った薬剤はそのまま放置しておくことは出来ませんし、残りも取っておくことは出来ません。

このように取っておく、保存しておくことは出来ませんが、白髪を染める効果というのには長けており、速攻で染められるというメリットがあります。

そのため今からすぐ白髪染めをして、しっかり染めたい!こういった方には、ぴったりな白髪染めであると言えます。

ただし先ほどから述べているように、白髪を染める力には長けているので、1液と2液を混ぜて使うタイプを使用する際には、あらかじめ、よ~く説明書を熟読しておく必要があります。

特にこういった混ぜて使うタイプの白髪染めというのは、強力なタイプのものが多いので、首や手、お肌につくとかぶれなどのトラブルが出てしまう場合があります。

また服や付けたくない場所にも一度付くと、恐らく二度と落ちません。

そういった予期せぬトラブルを避けるためにも、説明書などはよく読んでおき付けたくない場所には最初から新聞紙を敷くなどや皮膚にはクリームを塗っておくなどの、準備を万端にしておきましょう。

記事なる記事…白髪染めを自然な仕上がりにするコツ